【遊情ネット】閉店間際の店とハネモノと 〜法令の狭間で消えゆく文化〜

「よし行こう。タイミングは今日しかない」そう思い、店に電話する。
「今日は店やってますか?」訝しがるスタッフに間髪をいれ、
「3月で閉店されると聞いて、一度でいいから遊びに行きたいと思い連絡しました」と伝える。
「閉店日まで毎日やっています」
「そうですか!それでは本日遊びに伺います」

ようやく願いが叶う。古い遊技機が多めの小さなパチンコホールへの探訪だ。会社には無理を言って有給を貰った。

パチンコは風営法の許可営業だ。各県には風営法の条例があり、地方自治の尊重や地方風土の違いから、ある程度の差異があっても良いことになっている。代表的なのが県ごとの開店時間。東日本は9時開店が、西日本は10時開店が多いという。宮城は8時開店の地域もあるという。日の出が早いからという説もあながち間違いではないのかもしれない。

話を戻すと、県により、みなし機の対応や認定取得日の起算日に差が出るなど、条例や県警、所轄の裁量がある程度認められているようだ。こと今回の店がある某県は、昔の遊技機を設置した昔ながらの店舗が数年前まで多く存在していた。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年4月号

主な記事:

人手不足の解消気配でホール企業間で格差拡大か
新型コロナ禍が影響を与えるホールの働き方改革への取組み姿勢

高円寺・吉祥寺・武蔵境・立川・八王子
都心と多摩地区をつなぐ大動脈 中央線沿線ホールの変遷

幕張メッセで「販促EXPO」アフターコロナを見据えた提案も

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
アミュゼクスアライアンス 田守順代表

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.