【遊情ネット】2020年2月号TOP COLUMNの補稿

本誌では、遊技業界が当たり前のように使用している枕詞である『大衆娯楽』を改めて取り上げました。行政講話においても遊技業界の表現が変化していることや、言葉そのものの意味について考えを巡らせました。

私がいつも思うのは、『娯楽』という言葉の魔力です。似たような言葉に「エンターテイメント」や「アミューズメント」がありますが、それらの言葉がカバーする範囲はとても大きく、そして使い手の意向で曖昧に使うことができる言葉です。だからこそ、本誌でも取り上げた「賭博なのか、娯楽なのか」という構図が曖昧な形で成り立つのかもしれません。

ぱちんこ屋さんが業として成立した昭和20〜30年代は、社会もまだまだ混乱しており、賭博と娯楽に限らず、様々な事項について明確な線引きがなされていなかったいたわけです。実態と建前が違うことも空気を読んで曖昧にしてくれた、金銭面のゆとりはそれほどなくとも、精神的なゆとりがある時代だったのかもしれません。そういう時代であればともかく、平成を経て令和になった現在においては、どうでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

旧規則パチンコ・パチスロ機の経過措置を変更した改正法が施行

2020/5/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年6月号

主な記事:

新型コロナ禍で各地のホールに休業要請 開店ホールも多く混乱
要請無視のホールにマスコミが殺到 業界へのバッシングが加熱

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.