【遊情ネット】2020年4月号TOP COLUMNの補稿

今回は、消費形態や消費行動の用語を取り上げました。モノ消費からコト消費へ、という言葉をお聞きになったことが多いと思います。その後使われているトキ消費と、これから使われるであろうイミ消費を紹介しました。

本誌にも書きましたが、モノ消費とそれ以外(コト消費、トキ消費、イミ消費)の大きな違いは、前者が商品やサービスを単に売買することであるのに対して、後者は売買される商品やサービスになんらかの価値を付加している、ということになるでしょうか。つまり、モノが溢れている現代社会においては、ただ単なる消費行動では物足りなくなっている消費者が多く存在しており、消費行動をいかに促すかが事業者側の手腕になっているのです。性能面や価格面での優位性はもちろんあるでしょうが、価値観や精神性を重視することがマーケティングで求められるようになってきているということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

21世紀会決議の違反行為に中古確認証紙の発給留保と通報・確認システム

2020/10/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.