【遊情ネット】2020年5月号TOP COLUMNの補稿

本誌では、経済産業省にかかるセーフティネット保証と公的融資について、遊技場業を対象とするように動くべきではないか、そうした動きのために議連を活用すべきではないか、という旨の論を書きました。

ところが、まさに本誌が出るタイミングでしたが、全日遊連から「日本政策金融公庫、商工組合中央金庫及び信用保証協会における対象業種の見直しについて」と題するリリースが4月27日に出ました。時期が良かったとみるべきか、逆に悪かったとみるべきか悩むところではありますが、見直しに尽力された関係者の皆様には感謝の言葉しかありません。あと残されているのは補助金の対象業種の見直しですが、きっと動かれているのだろうと思ったりしてます。

あえて苦言を呈するとするならば、以下の2点です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

機構検査に備え「検定通知書」「認定通知書」の写しの常備を求める

2020/9/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年9月号

主な記事:

拡大する第2波の影響も適正な対応で被害は最小限に抑止
拡がり始めた従業員の感染 大手ホール中心に確認相次ぐ

2019年度パチンコ・パチスロ依存問題対策実施状況報告書

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.