2022.7.29

【遊情ネット】2022年6月15日の怪

2022年6月15日は、年金制度が改正されて初めての支給日でした。
 
これまでの年金支給日には多くの高齢者がパチンコ店に来店し、1パチを中心に高い稼働がありましたが、今回の年金支給日では郊外店では稼働がほとんど上がらず、店舗によっては通常より稼働が低いところもあったようです。街中のアーケードにある店舗や駅周辺の店舗ではコロナ前のような稼働の店舗もありましたが、稼働が高いのはパチンコの海シリーズとパチスロのジャグラーシリーズが中心でした。
 
年金をもらった高齢者の行き先を探してみると、理容室や美容室、デパートの衣料品売り場で高齢者の姿が多く見られました。あるいは、どこかに旅行等に出かける高齢者も少なくなく、実際に温泉地や観光地の宿などは、5月に入ってからは朝食会場が高齢者で大変混み合っています。確認すると、約8割が高齢者か高齢者を含む家族連れでした。このような遊興にお金が使える高齢者は、厚生年金の支給額が増えた高齢者やもともとの収入が多かった高齢者が、コロナ禍で控えていた行動を戻した結果です。年金振込額は6月初旬に通知が届いており、金額が増えているのを確認して動き出しており、昨年から定期的に通っている静岡県伊東のホテルは老人介護施設と思われるほどでした。