まもなく新台は5.9号機時代に

8〜9月にわたった5.5号機かけ込み販売ラッシュ後の新台市場ですが、ようやく落ち着きを取り戻しつつあります。そして、10月からパチスロの新台市場は、5.9号機時代に突入します。
 
もっとも、ノーマルタイプについては、スペック上5.5号機から大きく変化することがないため、新台市場での存在感が増しています。一方のART機なのですが、いち早くKPEが11月納品予定で新台を発表済みです。
 
同機は、有利区間の搭載や、ARTに設定差を作らないなどとした自主規制対応機になるのですが、5.5号機との差異をそこまで感じさせない仕様となっています。とりあえずはホッと胸をなでおろした関係者も多いのではないでしょうか。
 
今パチスロメーカーは、来年2月に控えた新規則施行日までに、より多くの5.9号機を確保しておくために躍起です。特に5.9号機と6号機との差が分かりやすいノーマルタイプはなおのことです。
 
もちろん、ART機も厳しい条件ですが、すでに現行機でも、大当りで確実に得られる出玉が機種ごとに異なるうえ、ARTの純増減も、ボーナスを付加することで、ゲーム性の違和感をある程度軽減できそうです。
 
新規則では、パチンコと比べ悲観論が多いパチスロですが、5号機初期の市場をノーマルタイプが救ったのに対し、今度はA+ART機が市場を下支えする役割を果たすのかも知れません。 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

経営者研修会全景

都遊協が遊技場経営者研修会

2018/10/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.