ベトナムの新店視察をする時は

三井企画がこのほどベトナムに新規オープンさせた新店を、取材する機会を得ました。すでに第一報は、ホームページにも掲載しましたが、今後は視察等で、同店を訪れようと考える業界関係者の方々がおられるかも知れません。店舗の詳細は弊誌に譲りますが、ここでは、そのような視察を考えている方に向け、アクセスと宿泊に絞った現地情報を綴りたいと思います。
 
新店が店を構えているのは、国際空港のあるホーチミンから南西に約160キロのカントー市というところです。距離から考えると、さほど時間はかからなそうですが、道路事情が日本と異なるため、空港からノンストップで車を飛ばしても、およそ4時間ほどの時間を要します。
 
店舗の立地する地図と照らし合わせれば分かると思いますが、店舗の近くに、おそらくカントー市で一番の高級ホテルがあります。私は、このホテルに宿泊していないのですが、店舗との距離はわずか数百メートル。さしずめ上野〜御徒町間といったところでしょうか。
 
しかしながら、暑さと舗装状況の悪さから、歩いてアクセスすることは困難です。もっともホテルには、ほぼ常時タクシーが停車しています。言葉は英語も通じませんが、地図等を見せれば、店舗までのアクセスに、さほど手間がかかることはないと思います。タクシーのメーターは千の位がミニマムです。表示が20であれば、現地通貨で2万ドンを指します。
 
ただこのホテル、店舗視察をする上では適した立地なのですが、市内の中心地からやや離れています。そのため、ちょっとした買い物等には不便です。町に出るには、車を使うことになると思いますが、あまり流しのタクシーが走っていないことに加え、呼ぼうにも言葉が通じないことから、帰り道が少し手間になるかもしれません。ホテル周辺に商店や飲食店が無くもないのですが、見た目の衛生上、躊躇する方が多いと思います。
 
あくまで個人的な感想ですが、宿泊は市内中心地周辺がベターだと思います。表通りの治安は比較的良好です。昼夜問わず気軽に町を出歩くことができます。そうすることで異国の地域性を肌で感じ、視察以外の時間も有意義に過ごすことができるのではないでしょうか。
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年8月号

主な記事:

ギャンブル等依存症対策関連業種の「パチンコ一人負け」状態続く
出玉性能は依存の原因とはいえない「依存対策=業の疲弊」の構図からの脱却へ

エリアレポート・厳しい競争に晒され駅前ホールが極端に減少
長期の業況悪化にコロナ禍 京浜東北線沿線「浦和3駅」の変貌

インタビュー/日本遊技機工業組合 榎本善紀理事長
管理遊技機市場投入は来年4月を目処にプラスアルファ搭載で検討

インタビュー/余暇進 佐藤正夫新会長
憩いの場としてのパチンコの役割と原点を意識し時代に合わせた対応を

遊技通信創刊70周年記念対談 ・ 全商協会長 中村昌勇氏

令和3年度日遊協総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

社会貢献大賞表彰式、石川県遊協と金沢支部が合同で受賞

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.