夏の業界イベント

今年の夏も、遊技機メーカーや業界団体が主催したファン向けのイベントが各地で開催されました。イベント内容や、ファンに対するアプローチの仕方は様々でしたが、いずれの会場も、その盛況ぶりには目を見張るものがありました。
 
特に集客力を発揮していたのが、新台の試打コーナーです。とりわけ導入前のタイトルについては、試打を希望するファンでひっきりなしでした。今年に入ってからは、ビックタイトルが少なく、今ひとつ新台市場の盛り上がりに欠けていた感が否めませんでした。しかしながら、試打を待つ長蛇の列を目の当たりにすると、改めて新台の持つ威力を実感させられた次第です。
 
と同時に、趣向を凝らしたものや、奇をてらったイベント内容よりも、シンプルに遊技機の魅力を訴えることが、今のファンには受け入れられやすいのではとも感じました。もちろん、シンプル故にごまかしは効きませんが、メーカー間である程度足並みを揃えることができれば、訴求効果は極めて高そうです。
 
もちろん、これらのイベントが命題の一つである新規ファンの拡大に繋がるかどうかは分かりません。結局コアユーザー向けという意見もあるでしょう。しかし、そのコアユーザーすら失いつつあるのが、紛れも無く今の業界が置かれている状況です。
 
「知ることが少ないと、愛されることも少ない」とは、かの著名芸術家がいったとされる言葉ですが、1しか知らない人に2を知ってもらう、2の人であれば3を、というように、たとえきっかけは何であれ、少しでも業界への理解を深めてもらうための試みは、これからも模索し続けていく必要があるのではないでしょうか。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.