日本で外国人専用カジノ?

ちょっとカジノ関連で気になった話がありました。
 
和歌山県が、和歌山市と協力して誘致に動き出しているカジノ施設を含むIRは、外国人専用にしたいとの意向が報じられていることです。
 
カジノビジネスについては門外漢ですので、外国人専用のカジノ施設が、日本国内でどの程度収益性が見込めるのかは、皆目検討もつきません。ただ、シンプルに思うのは、これに出資する外資系の事業者は本当にいるのだろうか、という疑問です。報道で和歌山県の仁坂吉伸知事は、賛同する事業者もいる、としていたようです。
 
以前、IR議連の会合に出席していた外資系カジノ事業者が、目の色を変えて日本人の入場を制限するという構想に反対する様子を目の当たりにしました。その瞬間は、なぜここまで怒気を帯びた表情を見せたのかが分かりませんでしたが、よくよく考えてみれば、日本人を集客できるか否かでは、目論む収益モデルが大きく異なってくることは自明です。
 
現在、多くの外国人観光客で賑わう東京、大阪などの都市では、IRに含まれる大規模なホテルだけでも高いニーズはあると思います。付随するカジノ施設が、外国人専用だとしても、国際競争力という観点をひとまず置いておけば、それなりに高い収益は見込めそうです。ただ、少なくとも現在進行している日本版カジノ最大の集客ターゲットは日本人だと感じています。
 
そのなかで、いわゆる地方都市が、外国人だけを対象としたIR施設の運営で、どのようなビジネスモデルを描くのかは気になるところです。また賛同したという事業者がどのようなIRを構想しているのかも同様です。もし、このような形でIRが成功すれば、少なくとも国内の依存問題関係無しで、地方再生に寄与できるわけですし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

10月のホール企業採用熱、過去5年の同月比で一番高い数値に

2019/11/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.