【遊情ネット】業界関係者が難しくしている事柄

いきなりですが、遊技場経営は“特殊”なのでしょうか。

私はそうは思いません。製造業が仕入れた原材料を加工して製品にして販売するように、あるいは小売業が仕入れた商品を販売するように、サービス業の一業種である遊技場は遊技というサービスを提供している、という点では少しも“特殊”ではないと考えるからです。遊技業界に関わりだした頃は専門用語やグレーゾーンの存在もあって独特だとは感じていましたが、中小企業診断士の資格取得後は「サービス業としての遊技場経営」をむしろ普通に意識するようになりました。ただし、業界外の人たちからは、営業あるいは経営の仕組みが見えにくいために、敬遠されるきらいがあることも分かってきました。

このように考えていくと、遊技場経営の“特殊性”を口にしているのは、意識的か無意識的かは分かりませんが、外部からの参入障壁を高くしようとしている人たちなのかもしれません。遊技場経営という側面から考えてみると、イオンやセブンイレブンのような巨大なリテール企業が参入してくることを恐れ、業界構造を複雑かつ特殊な仕組みにしていると見ることもできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.