【社長の雑記帳】遊技通信8月号「TOP COLUMN」の補稿

本誌では風営適正化法施行規則等の改正とそれに伴うパブリックコメント募集を取り上げ、依存対策に資する規制は「遊技機の性能」ではなく「遊技の方法」なのではないか、「遊技の方法」は法令で規定される前に業界が自主的に規定すべきだったのではないか、と記しました。
 
本誌コラムに関して、時折ご意見をいただくことがあります。ざくっとまとめると、「言いたいことは分かるが、ではどうしたらよいのか言え」と。つまり、机上の空論ではなく、具体的な対処法を示せ、ということになるんでしょうけど、それは当事者が考えなければいけないことだと思うのです。プランを第三者が組み立てたところで、当事者が自分たちのことだと認識し、実行に移すことが重要だからです。
 
プラン設定に限らずその手のお手伝いは、業界に携わっている以上、喜んでやらせてもらいますよ。都府県方面遊協の青年部会が全国から集って開催している交流会では、何年間かコーディネータをさせてもらってます。なにかのお役に立ててたらいいんですけど、そのあたりどうなんでしょうか。まだ目立った結果が聞こえてこないので、気にはなっているところです。
 
さて、強制的ではない自主規制が成り立つということは、競争相手を信じるという意味合いもあるわけで、そこにはかなり高度な信頼関係がないといけないだろうと思っています。そうした意味では遊技場業界においては難しいのかもしれませんが、リーディングカンパニー数社が連合してなんらかの指針を打ち出してほしいと、切に願っています。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年3月号

主な記事:

回復基調に水を差す緊急事態宣言の再発令と措置の延長
低稼動状態からの反転攻勢へ 業績向上のカギはパチンコの管理

地域の発展や変化に合わせて拡大・伸張した激戦区の現在
首都圏繁華街にある「衛星都市」の変遷

全日遊連全国理事会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

遊技通信創刊70周年記念対談・
光和総合法律事務所 渡邊洋一郎弁護士

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年2月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.