【遊情ネット】2020年7月号TOP COLUMNの補稿

本誌では、社会が安心・安全を求めているものの、行きすぎた相互監視社会がパチンコ業界に与えた大きな影響について述べました。さらに、スケープゴートにされた今回のことを糧にして、「どうして叩かれてしまうのか」を考えていく必要がある、としています。

そして感染症とは別の、パチンコ店運営に関する安心・安全に関してもうひとつ挙げました。何度も取り上げていることですが、『遊技くぎ』の取扱いです。「なくてはならないもの」であったはずの遊技くぎは、いまどうなっているのでしょうか。「なくていいもの」とする方向性が示されているのであれば、そこにはなにも問題ありませんが、現状そうは見えません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

21世紀会決議の違反行為に中古確認証紙の発給留保と通報・確認システム

2020/10/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.