【遊情ネット】自らの未来を“そうぞう”するために

今回のコラムは、6月19日の「過去からなにを学ぶのか」の続編となります。

「どうなるか」ではなく、「どうするか」の視点から取り組むことで、未来は大きく変わってきます。未来を“そうぞう”するためには、先見力・想像力・分析力を持って『仮説を立てる』という作業が求められるわけですが、その際にはひらめき・思いつき・直感が大きな役割となっていきます。頭の中でぼんやり思っていることを言葉という形でアウトプットすることで、脳に情報を定着させやすくなりますし、対象(この場合は、未来)をよく理解するきっかけとなります。言葉にしようとすることで物事を理解できるようになることはよくありますが、理解と言語化は深い関係があると思います。なお、“そうぞう”とひらがなにしているのは理由があって、“想像”して”創造”するものが未来だと考えるからです。

仮説を立てることでなにができるかというと、自分の読みが正しかったか、間違っていたかが分かってきます。これはけっこう重要で、間違っていることが分かれば仮説の修正をすればいいですし、逆に仮説がなければ間違っていたこともわからないわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.