【遊情ネット】自らの未来を“そうぞう”するために

今回のコラムは、6月19日の「過去からなにを学ぶのか」の続編となります。

「どうなるか」ではなく、「どうするか」の視点から取り組むことで、未来は大きく変わってきます。未来を“そうぞう”するためには、先見力・想像力・分析力を持って『仮説を立てる』という作業が求められるわけですが、その際にはひらめき・思いつき・直感が大きな役割となっていきます。頭の中でぼんやり思っていることを言葉という形でアウトプットすることで、脳に情報を定着させやすくなりますし、対象(この場合は、未来)をよく理解するきっかけとなります。言葉にしようとすることで物事を理解できるようになることはよくありますが、理解と言語化は深い関係があると思います。なお、“そうぞう”とひらがなにしているのは理由があって、“想像”して”創造”するものが未来だと考えるからです。

仮説を立てることでなにができるかというと、自分の読みが正しかったか、間違っていたかが分かってきます。これはけっこう重要で、間違っていることが分かれば仮説の修正をすればいいですし、逆に仮説がなければ間違っていたこともわからないわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

21世紀会決議の違反行為に中古確認証紙の発給留保と通報・確認システム

2020/10/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.