【遊情ネット】新型コロナウイルスの店舗内における感染リスクについて

新型コロナウイルスの感染が再び拡大していますが、最近では飲食店や飲み屋だけではなく、家庭内感染や職場内感染も起きています。

周知の通り、パチンコ店においては、たばこの煙を排出するための空調設備と店舗側における感染対策によって、スタッフの感染事例は発表されていますが、集団感染の事例はいまのところ発生していません。しかしスタッフが友人や家族から感染した場合、スタッフの休憩室や事務所等で職場内感染が発生する可能性があります。そのような事態になると、店舗営業を一時的に停止とせざるを得なくなり、約2週間の営業休止を余儀なくされます。また、感染者が出たとの噂や伝聞が広がることによって、稼働が長期的低下する可能性もあります。

休憩室では、マスクを外して飲食をしていることがよくあります。人との距離を十分に取れる環境にありませんので、スタッフ間の感染を抑えることが店舗側の急務と考えられます。スタッフ同士の感染リスクを少なくするため、席の間隔を開けるか、遮蔽版の設置を設けて、スタッフに注意喚起をしてください。そして休憩室の換気をこまめに実施するか、不可能な場合はウイルス除去機能付きの空気清浄機の設置をお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年1月号

主な記事:

店舗の減少傾向に歯止めかからず寡占化や遊技人口の減少で「駅前1店舗」のエリアも
首都圏主要エリアの店舗推移

MIRAIが第1回経営勉強会
持続可能な産業をテーマに討論会

遊技通信創刊70周年記念対談・
株式会社オオキ建築事務所 大木啓幹社長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.