【遊情ネット】新型コロナ感染発覚時にとるべき対応と準備

検査数の増加もあって新型コロナの感染者数が急激に増えており、ホールでのスタッフ感染も複数確認されている。大手ホールを中心に事例が多く、いずれも即時に自社HPなどで公表されている。

一般に感染経路が不明なケースもあり、誰がいつ感染してもおかしくない状況になっているため、スタッフ数の多い大手などは感染者発覚の可能性は自ずと高まる。中小でもおそらく表に出ていない感染事例があると思われるが、そもそも公表に関するルールはない。万一自店から感染者が出た場合、故意に隠すのは論外としても、いたずらに不安を煽らないために公表しないという考え方もある。ただし不特定多数が集まるホールの業態を考えると、公表する方向に判断せざるをえないだろう。

ここまでくると自店から感染者が出ないことを祈るだけでなく、感染者は出ると想定した上で準備しておく段階にある。実際、スタッフ感染の発覚で公表に踏み切った企業は、以前から十分な感染対策をとっており、公表も含めて発覚後の対応を事前に準備していたところが多い。

例えば、感染者が出た際に同じ店舗に勤務するスタッフの処遇をどうするか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年2月号

主な記事:

巨大ターミナル駅を舞台に展開された局地戦
首都圏随一の激戦区 池袋・渋谷・新宿の変遷

全日遊連が「依存対策実施状況調査」まとめる
依存対策実施率は高水準推移 今後の課題は周知活動

遊技通信創刊70周年記念対談・
グローリーナスカ株式会社 井寄義孝社長

インタビュー/矢野経済研究所主任研究員 高橋羊氏・青山財産ネットワークス取締役 島根伸治氏
コロナ後を先読みしたグループ店舗戦略と縮小マーケットにおける財産保全

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.