【遊情ネット】いよいよ始まった21世紀会による業界自浄化策は成功するのか

前回のコラム「経過措置延長騒動、警察庁との信頼関係を維持できるか」では、まとめとして「業界に長い間「正直者が馬鹿を見る」状態が続いている。この悪循環を業界団体の力で断ち切らなければならない。全ては組合・団体の本気度にかかっている。コロナ禍の中、セーフティネット保証を勝ち取り、規則改正まで勝ち取った。嘘の情報には臆せず意見書を出し、訂正や謝罪を勝ち取ってきた。その時の本気度で進めていければ改革は成功する。」と記した。

10月に入り、21世紀会が動いた。10月5日の中古機流通協議会では「誓約書未提出」「撤去すべき遊技機の未撤去」のホールについて、10月19日より確認証紙の発給留保の処分を行う事を発表した。これは事実上の中古機流通の停止措置とも取れる重い措置である。

同日、全日遊連、日遊協、MIRAI、余暇進のホール4団体は、違反店舗の通報・確認システムの運用について発表した。こちらも19日より運用が開始された。このホールの通報・確認システムは、業界人が違反店舗をスマホ等で通報出来るシステムだ。通報を受けた21世紀会誓約確認機関は、違反だと疑われている店舗に事実確認書を送り、違反店舗か否かを確認するもので、内容についてホール4団体から業界・団体・会員等に伝えられたらしい。このシステムで違反店舗が浮かび上がってくるのであれば、メーカーや中古機流通協議会も違反店舗への処分もしやすくなるだろう。

また、日遊協、MIRAI、余暇進の3団体は、それぞれ会員資格停止処分の項目をいれた定款の変更を行ったと聞く。21世紀会構成団体がそれこそ本腰を入れ違反店舗を改善させるように仕向けているのだと思われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年10月号

主な記事:

依存問題で都遊協が研究助成する早野論文は「Scientific Reports」に掲載
基本法に基づく初の実態調査が公表 業界に求められる調査結果の検証姿勢

早野慎吾教授に聞く「ギャンブル等依存調査」の課題と方向性

ダイコク電機がWeb展示会&セミナー
トレンドを見極めた効率的な投資が必要

「みんなのパチフェス」生配信 視聴回数は124万回超に

MIRAIが「広告宣伝ルールの在り方」で公開経営勉強会

空きスペースが利益を生み出すホール駐車場の有効活用

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑨ 全日遊連理事長 阿部恭久氏
遊技通信創刊70周年記念対談 ⑩ 日遊協会長 西村拓郎氏

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.