【遊情ネット】拡がる遊タイムのゲーム性

今春にリリースされたSANKYOのパチンコST機である「Pフィーバー真花月2
夜桜バージョン」への搭載からスタートした遊タイムですが、市場の反応を踏まえ、遊タイムと相性の良さそうな仕様が変化を遂げてきています。近頃の発表される新機種傾向でも明らかですが、今では1種2種タイプと組み合わさったものが、その多くを占めるようになってきました。

これにより遊タイムは、プレイヤーにとっての救済措置および過度なのめり込み防止機能という位置づけがある一方で、より出玉に対する期待感を創出するという色彩が濃く現れてきています。とりわけ1種2種では、遊タイムの発動によって、最も出玉に対する期待が抱ける状態へ移行するゲームフローを有するタイトルも増えています。実際、それらのスペックに対する市場評価も、秋枯れという季節要因の最中にも関わらず、堅調さを感じさせています。と同時に、高揚感を刺激するゲーム性も洗練されてきました。

なかでも、先日リリースされたオッケー.の「ぱちんこ ウルトラセブン 超乱舞」は、その最たるタイトルの一つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

保通協の型式試験、パチンコの適合率が今年最高水準に

2020/12/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年1月号

主な記事:

店舗の減少傾向に歯止めかからず寡占化や遊技人口の減少で「駅前1店舗」のエリアも
首都圏主要エリアの店舗推移

MIRAIが第1回経営勉強会
持続可能な産業をテーマに討論会

遊技通信創刊70周年記念対談・
株式会社オオキ建築事務所 大木啓幹社長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.