【社長の雑記帳】6月号TOP COLUMNの補稿

サイト内の引越し後、初投稿です。
 
本誌6月号では、主観的な感覚ばかりでなく、客観的な数値を用意して、業界は意見を述べなければならないとしました。多くの業界で「白書」が作成され、その白書を元にして陳情がなされ、政策や施策に反映されていくのは、よくあることです。遊技業界でも、業界の現状と課題を明らかにする調査を行う必要性を訴えました。
 
だからといって、都合のよいデータばかりが出てくるとは限りません。仮に自分たちにとって都合の良くないデータが出てきたとしても、それはそれで受け入れることも必要なことです。
 
耳の痛い話や頭が痛いデータもあるかもしれませんが、良薬は口に苦し、という諺があります通り、業界の将来のためだと思って、改善策を考えるほうに目先を向けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連 高射幸性回胴式遊技機の設置比率を再設定

2019/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.