【パチスロ新台】「中段チェリー」を際立たせたパチスロ蒼天第2弾

サミーは5月7日、ヒットタイトル第2弾となる新機種「パチスロ蒼天の拳2」の内覧会を、移転後同日から営業を開始した新たな東京支店のショールームで開催した。

昨年リリースされた同社の「パチスロ輪廻のラグランジェ」にも搭載された演出用リールを活用することで、中段チェリーを際立たせたゲーム性を実現。AT発動のきっかけとなる中段チェリー出現時に生じる期待度の高低も分かりやすく表現されている。

ATは1ゲーム純増約2.7枚で、ループ率やゲーム数の上乗せなどによって瞬発力を創出する。そのうち、ループ型のATでは、初代パチスロ北斗の拳から支持されている継続バトルシステムのゲーム性を進化させて継承。専用筐体「双龍天羅」に装備されている可動式役物による演出群も見所の一つだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

10月のホール企業採用熱、過去5年の同月比で一番高い数値に

2019/11/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.