【パチスロ新台】武将同士の一騎討ちが上乗せのカギに

ニューギンは8月20日、都内のショールームで人気歴史シミュレーションゲームをモチーフにしたパチスロ機の新機種「パチスロ三國志」の内覧会を開催した。

1ゲーム純増約2.8枚のAT主体で出玉を獲得していく新機種最大の見所は、AT中に発動する三國志武将同士の一騎討ち演出だ。これはゲーム数の上乗せチャンスとなる演出で、プレイヤー側となる「蜀」と「呉」の武将が、主に「魏」の武将に勝つことで、最大200ゲームが上乗せされる仕組みになっている。

一騎討ち勝利時の、上乗せゲーム数に対する期待度は、登場武将によって変化。特別上乗せゲーム数が期待できる敵方の武将として「呂布」が登場するパターンもある。

一騎討ち演出の突入確率は、3種類搭載されているATによってそれぞれ異なるが、そのうち1セット20ゲーム継続するAT「三國決戦」は、特に一騎討ち演出突入の期待度が高くなっている。一騎討ち演出発動後は、1ゲームごとに、武将同士の激しい攻防が繰り広げられる。

そのほか、AT上乗せ特化ゾーンとして、レア役が頻繁に揃うことで多くのゲーム数上乗せが期待できるゾーン「呂布乱撃」や、「貂嬋」「孫尚香」など、作品を華やかに彩った女性キャラクターが登場し、ゲーム数やセット数に加え、上乗せ特化ゾーン自体を上乗せする「桃源郷モード」が搭載されており、同機の瞬発力を創出している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

全日遊連 高射幸性パチスロの設置比率規制の再検討へ

2018/11/1

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年11月号

2018-11
主な記事:

必要となる高射幸性機の取捨選択、画一化がさらに進行か
高射幸性機の15%期限迫るなか6号機の市場導入がスタート

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年10月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.