【遊技通信7月号より】「ギャンブル等依存症対策基本法」通常国会での成立断念

各党の法案は出揃うも調整に手間取り超党派での提出にこぎ着けず。秋の臨時国会での成立目指す
 
2017-76月9日に開かれた日電協の総会懇親会に来賓として招かれた、民進党の石関貴史衆議院議員が、自民、公明、維新、民進のあいだで議論されている「ギャンブル等依存症対策基本法」について、「本日、各党の実務者が集まって今後のスケジュール感を話し合った。法案は各党で出揃っているので、今後どうするかだが、実際のところ、小幅な会期延長があっても、今国会では、法案を各党が提出する段階までだろう。その後、秋の臨時国会で、各党が提出した法案のなかで、最もいい案を採用していくことになると思う」と述べ、同基本法の審議、成立が秋の臨時国会以降となる見通しを示した───。

 

続きは販売中の「遊技通信7月号」で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

「依存問題対策実施確認シート」、12月から運用開始

2019/12/4

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年12月号

主な記事:

列島を襲った豪雨・台風被害
度重なる豪雨と台風で各地のホールに甚大な影響
自発的な支援活動、多くのホールが立駐を一般にも開放/顧客・従業員の安全確保に課題/あらためて問われる企業の危機管理/業界団体やホール企業ボランティア/各地から寄せられる義援金

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.