【遊技通信9月号より】市場の縮小は必至の情勢 厳しい改正案に業界各所が反発

広がる危機感と漂い始めた諦め感 業界離れが加速か

IR推進法の附帯決議で、ギャンブル等依存症対策の強化が求められたことを踏まえた今回の風営法施行規則と遊技機規則の改正案。業界関係者であれば、今回の改正で射幸性の抑制策がとられることは織り込み済みだったが、あまりに厳しい内容に接したことで、警察行政への反発が強まっている。7月11日から受付けが始まったパブリックコメントには、それぞれの立場で意見を送っているが、あらためて業界関係者の幅広い層に今回の改正案に対する意見を聞いてみた。

業界の自主的取組みは評価せず? 各地で高まる改正案への苛立ち

 「ここで業界の窮状を訴えるようなパブリックコメントを出したところで、何かが変わるとは思えない。あくまでも、以前の警察庁の見解と矛盾があるとか、過去の通知と整合性がとれないといった指摘があった場合のみ、規則改正案に変更が加えられるだろう。業界の声を聞くことが射幸性を上げることにつながるのなら、なおさら聞き入れてもらえないと思う」。
 
「聞き入れてもらえるかどうかの問題ではない。これまで行政の方針に疑問な点があっても、唯々諾々と受け入れてきた業界だが、今回ばかりは黙っていられない。業界に従事する人たちの生活を顧みず、業界規模を縮小させることで、強引に依存問題を小さくしようとしている。こうした行政のやり方に対して、我々は納得できないという意思を示しておく必要がある」。
 
7月11日から受付けを開始した規則改正案へのパブリックコメント。今回の規則改正案が需給双方にとってあまりに厳しい内容であったことから、業界内の至るところで今の警察行政のスタンスに対する不満が高じている───。
 
この続きは、販売中の「遊技通信9月号」で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連、九州地方の記録的豪雨でメーカー団体に配慮の要請

2020/7/7

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年7月号

主な記事:

附則改正で経過措置期間が延長 異例づくめのコロナ対応
長期化する休業要請で揺れた都遊協の苦悩と決断
上場メーカーの決算出揃うも業績見通し示せず
感染防止対策の徹底を要請、実効性は店舗間で温度差も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年6月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.