ダイナムが20代前半の若年層を対象に「パチンコ無料体験ツアー」

ダイナムは7月17日、若年層にパチンコ・パチスロを知ってもらうための体験企画「第1回パチンコ無料体験ツアー」を、茨城県笠間市の「ダイナム信頼の森 茨城岩間店」で開催した。

無料体験ツアーは、新規ファンの掘り起こしに積極的に取り組んでいる同社が、これまでパチンコ・パチスロに接してこなかった若年層に遊技の面白さを知ってもらおうと企画したもの。とくに20歳代前半の若年層のパチンコ離れが業界の課題の一つとなっていることから、20代前半の男女6名(男性3名・女性3名)を招待して無料でパチンコを楽しんでもらう機会を提供した。参加6名のうち5名が来春のダイナム新入社予定の内定者で、内定者フォローという意味合いもあるという。

ダイナム本社ビル(都内荒川区)を正午、バスで出発した一行は、午後2時前に店舗に到着。店内を地元住民に1日無料開放する「無料体験会」が行われている中、参加者はコンビニエンスストア並みの豊富な品揃えを誇る賞品コーナーや、倉庫・事務所などのバックヤードを見学し、同社広報担当者や店舗スタッフの説明に耳を傾けた。その後、スタッフのアドバイスを受けながら「CRAスーパー海物語IN沖縄3」などをおよそ1時間体験した。

パチンコを終えた参加者からは「初めてパチンコで、どう遊ぶか分からず不安だったがやってみると楽しく遊べた。実際にお金を使うとすると、3~4,000円は遊んでみたい」「初心者にも丁寧に教えてくれるスタッフの対応が印象的で気持ちがよかった」「ダイナムに入社したら、プライベートブランド機を作りたい。本当に遊べる遊技機はまだまだ足りないと思うので、遊べるとともに分かりやすい遊技機を開発していきたい」などといった感想が寄せられた。

ダイナム広報は今回の試みについて、「若年層にパチンコを身近に感じてもらう良いきっかけとなった。また、内定者が参加した今回のトライアルは、新入社員になる学生たちにパチンコを知ってもらうためのよい機会でもあると思う。これからあらゆる若年層にパチンコ遊技を提供する機会を増やし、様々な意見を集めることで、今後の企業活動や店舗運営に活かしていきたい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.