久喜遊技業組合が携帯トイレを寄贈

埼玉県遊協傘下の久喜遊技業組合は9月19日、社会貢献活動の一環として久喜警察署、久喜地方防犯協会、久喜地方交通安全協会に携帯トイレ3,000個(約60万円相当)を寄贈した。
 
今回寄贈された携帯トイレは、トリオコーポレーションが「マイレット mini-1」の商品名で販売しているもので、排便袋と凝固剤がセットになったポケットティッシュサイズのトイレ処理セット。抗菌性のある凝固剤が水分を素早く吸収して固めながら臭いも除去し、処理後は袋ごと可燃ゴミとして処分できる。またパッケージには振り込め詐欺に変わって激増している「手渡し詐欺」や交通安全に関する注意喚起が印刷されている。
 
寄贈を行った久喜遊技業組合の星木健太組合長は、「市民の皆様のお役に立てるように、今後も組合として地域に貢献できる活動を継続的に行っていきたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.