北沢遊技場組合が福祉車両を寄贈、累計寄贈台数は48台に

OLYMPUS DIGITAL CAMERA東京都の北沢遊技場組合は3月19日、社会福祉法人 敬寿会と社会福祉法人 ふきのとうの会の2施設に対して、それぞれ福祉車両を寄贈した。北沢組合による車両の寄贈活動は、平成5年からスタート。以来、世田谷区内の福祉・高齢者施設などへの寄贈を毎年続けており、今年で累計寄贈台数は48台に達している。
 
今回寄贈した車両は、敬寿会が運営する特別養護老人ホーム「東京敬寿園」と、ふきのとうの会が運営する高齢者在宅サービスセンター「デイ・ホーム赤堤」で利用される。
 
贈呈式は世田谷区民会館で行われ、北沢組合の南栄二組合長が「組合が暴力団排除を実行できたのも、地域の皆さんの多大な協力があったからこそ。その感謝の気持ちと地域へのお返しとして、平成5年から福祉車両の寄贈を続けており、今年も2つの施設に寄贈できることに感謝している」と述べ、世田谷区の保坂展人区長にレプリカキーを手渡した。
 
これに対して保坂区長は、「20年以上という長期に渡る支援に心から感謝している。車両が高齢者の足として大いに活用され、利用者とその家族の幸せに繋がることを願っている」と謝辞を述べた。その後、保坂区長からレプリカキーを受け取った敬寿会の金澤壽香理事長と、ふきのとうの会の平野覚治理事長から組合に対する感謝の言葉が述べられた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連、九州地方の記録的豪雨でメーカー団体に配慮の要請

2020/7/7

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年7月号

主な記事:

附則改正で経過措置期間が延長 異例づくめのコロナ対応
長期化する休業要請で揺れた都遊協の苦悩と決断
上場メーカーの決算出揃うも業績見通し示せず
感染防止対策の徹底を要請、実効性は店舗間で温度差も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年6月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.