大阪青年部会、活発な部会活動継続を確認

大阪青年部会総会2016大阪府遊技業組合連合会青年部会は6月3日、大阪市内のシェラトン都ホテル大阪で定時総会を開催した。総会冒頭に挨拶した段周精部会長は、部会運営に関して大遊連や部会員に感謝の意を表したうえで、就任1年目の諸活動を報告。「最重要課題であるファン拡大のために青年部会がどれだけ寄与できるか、常に思案しながら活動を続けていきたい」として、部会員の参加を訴えた。

議案審議では上程された議案をすべて可決承認され、事業報告では継続的に開催している未来っ子カーニバルが今年度で30周年を迎えることが報告され、関係団体と緊密に連携しながら効果的に実施していくことを確認するなどした。

来賓には、大阪府警察本部生活安全部保安課の中西晋管理官や大遊連の平川容志会長など多くの関係者が臨席した。祝辞を述べた中西管理官は、警察業務への協力に感謝の意を表すとともに、大阪府下の犯罪情勢を説明。ぱちんこ営業の健全化に向けて「のめり込みに起因した事故の防止」と「遊技機の不正改造防止」の2点を指摘した。また平川会長は、部会員に向けて「娯楽の多様化が進む中で、幅広い客層から支持されるホールづくりを、全国の青年部会員と一緒に知恵を出し合って考えていただきたい」と挨拶した。

総会終了後には、NPO法人ベースボールスピリッツの奥村幸治理事長による「目標達成のセルフマネジメント」と題する記念講演が開催され、専属打撃投手を務めていたイチローや自身の少年野球チーム出身である田中将大のエピソードを交えながら目標設定やメンタルトレーニングの大切さを語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

「依存問題対策実施確認シート」、12月から運用開始

2019/12/4

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年12月号

主な記事:

列島を襲った豪雨・台風被害
度重なる豪雨と台風で各地のホールに甚大な影響
自発的な支援活動、多くのホールが立駐を一般にも開放/顧客・従業員の安全確保に課題/あらためて問われる企業の危機管理/業界団体やホール企業ボランティア/各地から寄せられる義援金

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.