日遊協九州支部 福山裕治氏を新支部長に選任

IMG_9553日遊協九州支部は4月7日、福岡市内のグランド・ハイアット・福岡において支部総会と講演会を開催した。総会では決議事項として樋口益次郎支部長の任期満了に伴う九州支部長選任の件が審議され、新たに福山裕治氏(フェイスグループ)が選出された。また講演会では、リカバリーサポート・ネットワークの西村直之代表理事と、日遊協依存問題プロジェクトの安藤博文リーダーを講師に招き依存・のめり込み問題について理解を深めた。
 
総会で挨拶を行った樋口支部長は問題が山積する業界の今年1年に対して何をすべきかを問いかけ「個人のことではなく、業界、お客様のことを考えることで少しずつ業界は変わっていくのはないか」として認識を変えることの重要性を示した。続いて挨拶を行った庄司孝輝会長は、高射幸性遊技機の撤去の問題、遊技くぎ問題、流通問題などについて毎週のように日工組と協議を行っていることを明かしながら、近視眼的な意見ではなく、将来的な法令改正などに向け、中期的な動向を見据えながら業界側の意見を取りまとめておくべきとの考えを示した。
 
人事案件では福山新支部長とともに西谷淳氏(西の丸)、山本龍彦氏(九州遊商理事長)を副支部長に選任。福山支部長は就任の挨拶で「業界団体は昨年暮れから、この難局を乗り越えるための行動を起こしている。新支部長の重責に身が引き締まる思いだ」などと述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

日遊協 庄司孝輝会長が辞任

2020/7/31

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.