業界14団体が賀詞交歓会で大衆娯楽化や遊技機問題改善等への取り組み示す

賀詞交換会パチンコ・パチスロ産業に関わる14団体は1月26日、都内港区の第一ホテル東京において新年の賀詞交歓会を共同開催した。式典では、大衆娯楽への原点回帰や遊技くぎ問題への対応等、現状の問題を改善する業界団体の取り組みを示す「遊技業界における健全化推進に関する声明」が発表された。
 
声明は、大衆娯楽化・業界健全化への取り組みや遊技くぎ問題の改善を連名で約束する主文と、各団体が個別の取り組みを掲げた14の宣言で構成されている。
 
主催者から全日遊連の阿部恭久理事長、日工組の金沢全求理事長、日電協の佐野慎一理事長、日遊協の庄司孝輝会長が挨拶。
 
このうち阿部理事長は「昨年は遊技業界の大衆娯楽としての射幸性あり方を根本的に見直す一年だった」とした上で、声明について「遊技産業全体で積極的に健全化を推進するという社会に向けた宣言、つまり約束。遊技業界の状況を改善するためには、業界全体で将来を見据え一丸となって取り組んでいかなければならない」と決意を述べた。
 
来賓には警察庁保安課の小柳誠二課長をはじめ多数の関係者が臨席。挨拶を行った小柳課長は、業界団体の取り組みに一定の評価を与えながらも、遊技機の不正改造事犯、賞品買取事犯などの業界健全化を阻害する多くの要因があると指摘し、団体の個々の組合員に対する啓蒙を通してこれら諸問題の解決への取り組みを要請した。
 
声明を発表した14団体は以下の通り。
・全日本遊技事業協同組合連合会
・一般社団法人日本遊技関連事業協会
・日本遊技機工業組合
・日本電動式遊技機工業協同組合
・全国遊技機商業協同組合連合会
・回胴式遊技機商業協同組合
・一般社団法人遊技場自動サービス機工業会
・遊技場自動補給装置工業組合
・遊技場メダル自動補給装置工業会
・一般社団法人日本遊技産業経営者同友会
・一般社団法人余暇環境整備推進協議会
・一般社団法人パチンコ・チェーンストア協会
・一般社団法人電子認証システム協議会
・一般社団法人プリペイドシステム協会
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日11月理事会全景

全日遊連 高射幸性機の設置比率に関する自主規制を一部変更

2018/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.