機構が遊技機性能調査の結果報告、11月に劇的な好転示す

遊技産業健全化推進機構は12月4日、遊技くぎの状態を中心に不正改造の疑いを調査する「遊技機性能調査」の、6月〜11月まで6カ月間の調査結果を発表した。有効調査台数は全国51(延べ124)地区・443店舗の715台。平均打ち出し球数は2960個で、一般入賞口への入賞が確認された遊技機の台数は318台となった。これは6か月間の調査台数全体の44.5%にあたる数値。
 
一般入賞口に入った台数割合の推移は、調査開始当初の6月が28.1%に留まったものの、その後の7〜9月には30〜40%台で推移していた。それが10月に入ってから一気に50%を超え、さらに11月には調査期間中最高値となる54.3%まで上昇。こうした後半の伸びが全体平均を押し上げた形となっている。
 
一方、一般入賞口への入賞が確認されたケースにおいて、入賞球数が「10個以上」となった台についても、6〜10月では数台程度に留まっていたものが、11月になって45台と激増した。同時期のパチンコ機市場の動きをみると、10月中旬から京楽産業.の「CRぱちんこ仮面ライダー フルスロットル」が導入されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.