お茶の水女子大学は10月28日、日工組社会安全研究財団内に設置された「パチンコ依存問題研究会」との共同研究事業として、「パチンコ・パチスロ遊技障害全国標準サンプリング調査」を実施することを明らかにした。
 
社会問題として報じられているパチンコ・パチスロ遊技障害、いわゆる「パチンコ依存」については、その障害該当者数の推計などで信頼できる十分な基礎統計量が存在していないことから、全国標準サンプリングに基づいた社会調査を行い、実態を把握する。
 
調査名称は「安全安心な社会とレジャーに関する調査」。全国の満18歳から79歳の男女9,000人を対象に調査を行い、結果は平成29年度中に公開する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年1月号

主な記事:

店舗の減少傾向に歯止めかからず寡占化や遊技人口の減少で「駅前1店舗」のエリアも
首都圏主要エリアの店舗推移

MIRAIが第1回経営勉強会
持続可能な産業をテーマに討論会

遊技通信創刊70周年記念対談・
株式会社オオキ建築事務所 大木啓幹社長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.