10月のホール採用意欲は今年2番目に高い数値に

パチンコ業界に特化した人材採用支援を行うパック・エックスが、ホール企業の採用意欲について毎月まとめている「パチンコホール企業の転職市場状況」によると、10月の採用意欲が今年4番目の高さとなったことがわかった。
 
「パチンコホール企業の転職市場状況」はパック・エックスが独自に算出している指標。数値が平均値1よりも高いとパチンコホール企業の求人が多いということになり「採用熱が高い」ことを、平均値1よりも低いと求人が少ないということになり「採用熱が低い」ことを示す。

パック・エックス表10月

同社の小清水執行役員は「ホールに現在設置中の現行遊技機の2月以降の取り扱いの方向性が見え始めた中で、ホール企業各社の求人にも動きが出てきた印象がある。企業が求める人物像も7月、8月に比べると明確になっているようにみえる」と話す。
 
改正遊技機規則の施行まで3ヶ月と迫るなか、施行日の認定申請業務の集中を避けるため前倒し認定が認められたわけだが、それに伴い各ホール企業は認定申請台数の正確な算定や遊技機ラインナップの調整などに追われている。先行き不透明感が薄まったとはいえ、悲観論が先行する見通しに多くのホール企業が守りの姿勢を強め始めた。
  
小清水執行役員は「今後、業況がますます厳しくなると予想されるなか、ホール企業側としては優秀な人材を確保したいという思惑がある。しかし、優秀な店舗責任者ほど企業側は手放さない。求人があるものの、役職者の動きが活発ではない背景にはそうした事情があるのではないか」と分析する。
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【日遊協令和2年度総会における警察庁保安課長講話】

2020/6/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年7月号

主な記事:

附則改正で経過措置期間が延長 異例づくめのコロナ対応
長期化する休業要請で揺れた都遊協の苦悩と決断
上場メーカーの決算出揃うも業績見通し示せず
感染防止対策の徹底を要請、実効性は店舗間で温度差も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年6月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.