「検定機と性能が異なる可能性のある遊技機」で中古移動時の対応決める

全日遊連は2月16日、先に日工組が回収リストを開示した「検定機と性能が異なる可能性のある遊技機」で、中古移動時に想定される問題点を全商協と協議し、その決定事項を各都府県方面遊協に通知した。

中古機流通協議会は1月に行われた会合で、「検定機と性能が異なる可能性のある遊技機」が明らかになった時点で、その機種の中古移動及び認定申請に伴う保証書は作成できないことを確認するとともに、トラブルとなりそうなケースに関しては、事前に全商協と全日遊連とで協議することにしていた。

全商協と全日遊連との協議の結果、当該機種の中古移動及び認定申請に伴う点検確認作業を販売業者に依頼したものの、日工組からリストが出たことで回収対象機であることが判明し、その設置・稼動ができなくなった場合の販売業者が実際に作業した費用等(取扱実務費、点検確認料、交通費、当該販売業者から購入した場合の回収対象機の購入代金等)は、販売業者とホールの当事者同士で話し合うこととした。

また、1機種あたり1万円かかる書類発給手数料と、台あたり300円かかる確認証紙代は、原則として発給済みの保証書と引き換えに免除する。各地区遊商に申請済み状態になっている回収対象機を他の機種と差し替える場合は、回収対象機の書類発給手数料は免除となり、差し替え分に関しては可能な限り早く保証書を発給することとした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.