のめり込み防止の標語、4月以降も現行サイズで継続を決議

全日遊連黙祷全日遊連は3月11日、都内新橋の第一ホテル東京で全国理事会を開催し、のめり込み問題の対応策の第一ステップとして、昨年10月から実施している「のめり込み」についてファンの注意喚起を促す文言を折込チラシ等に入れる現在の対応策を、4月以降も現行スタイルで継続することを決議した。
 
全日遊連では昨年10月の理事会で、この対応策を来年3月31日まで継続することを決める一方で、4月1日以降はチラシサイズの10%から20%の比率で継続して標語を入れていくことを確認していた。しかし、現在の業界を取り巻く状況を考慮し、チラシの20%のサイズで標語を掲出する現行スタイルを継続する必要があると執行部が判断。当日の理事会に上程され、承認を得た。
 
なお、地元の警察署などから防犯上の標語挿入等の要望があった場合は、それらを含めての20%とした。ただし、その場合でも、のめり込み防止の標語は最低10%のスペースを確保することを確認した。
 
また、当日の理事会冒頭の挨拶で阿部恭久理事長は、「3月11日が近づくと多くのメディアで震災が取り上げられる。被災者でない人にとっては過ぎたこととしてその日だけ思い出すという程度に留まってしまいがちだが、今も多くの人々が苦しんでいるという現状を私たちは決して忘れてはならない。我々の業界でもそうしたことを改めて認識し、今後も支援を続けていかなければならないと考えている」と挨拶。その後、理事会出席者全員で、震災で亡くなられた方々の冥福を祈り、黙祷を捧げた。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:円 (本体:円)
発売日:

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.