ぱちんこ広告協議会が第2回社員総会と基調講演会を開催

PAA全景ぱちんこ業界の広告に従事する企業で組織されるぱちんこ広告協議会(PAA)は12月17日、第2回社員総会および基調講演会を都内高輪のTKPガーデンシティ品川で開催した。

総会で再選を果たした大島克俊理事長(ゲンダイエージェンシー)は、「設立当時からすると、業界は予想以上に大きく変化している。責任は重大で身が引き締まる思い。皆様の力添え無くしては成し遂げることはできない」と支援を呼びかけた。また総会では新たに2社が新規加盟。これにより56社体制となった。

第3期目の活動計画では、ファンの創出をはじめ、ホールとの連携、健全な広告活動の地盤づくりなどを行う8つのプロジェクトを新たに始動することを決議。プロジェクトごとに担当理事を配置し、ファンやホール企業、団体などとの関係性強化を図っていく方針だ。

総会後の基調講演には、三重県遊協の佐波豐専務理事が「三重県内における広告規制の軌跡」と題し、県内の広告宣伝規制の経緯や現状を解説したほか、フィリップ・モリス・ジャパン合同会社の佐野秀生氏と中村陽介氏による、煙が発生しない加熱式タバコへの切り替えを推進する取り組みなどが披露された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.