ゲーミング機器のガイドライン策定団体が設立

日本ゲーミングスタンダード協会日本国内でのカジノ解禁が迫るなか、カジノ施設で使用するゲーミング機器の機械標準に係るガイドラインを策定し、公的機関や団体に提言を行う新団体「一般社団法人日本ゲーミングスタンダード協会」(東京都港区)が、昨年11月22日付で設立されていたことが分かった。

同会の目的は、策定したガイドラインをもとに、実践的な制度設計および規制の運用に寄与することとしている。現在国会上程中の、日本国内でのカジノ解禁を柱とした統合型リゾート(IR)実施法案の成立後、海外のゲーミング標準を熟知した団体として、認証業務の実施、認証機関のモニタリングおよび申請企業への支援業務などを行っていく方針だという。

代表理事・座長には、経産省出身で京都大学公共政策大学院名誉フェローの佐伯英隆氏が就任。理事・事務局長に丹治幹雄氏、理事・幹事長に菅沼正典氏、監事・事務局次長に鶴岡彰義氏がそれぞれ就いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.