ファン拡大に向けメーカー団体との協力体制を強調

都連4月理事会東京都遊協は4月23日、都内市ヶ谷の遊技会館で定例理事会を開催し、5月に開催する総代会の上程議案を審議し、原案通り承認した。
 
理事会冒頭の挨拶で阿部恭久理事長は、全日遊連として日工組、日電協といったメーカー団体との定期連絡会議を行っていることに触れ、「ファンを増やすにはどうしたらいいか、遊びやすい環境にするにはどうすればいいか、といった事柄についてざっくばらんに話をしている。今までは、それに向けた遊技機についての話が出ても、ホールが買わないから、メーカーが作らないから、といった関係にあったが、両者が協力していかなければ遊びやすい機械、わかりやすい遊技環境の構築はできない。我々も、現にファンが減っている今の営業方法などのベースとなる部分を見直す時であり、しかしこれは1店舗2店舗で行っても大きく変わることはない状況でもある。ご理解を賜り、少しでもファンを増やすための施策につなげていければと思う」と述べるなどした。
 
理事会では、総代会への提出議案を承認したほか、4月17日に開催された「依存(のめり込み)問題・置引き防止等研修会」の開催結果を報告し、組合員ホールの現場まで意識が浸透するよう促された。また、全関東連の主催で7月31日から3日間開催される、夏のファン感謝デーの実施概要が報告された。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

ホール企業の9割超が増収果たせず 帝国データバンク調べ

2018/12/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.