三重県遊協が通常総会、組合員の一致団結を改めて要請

IMG_6059三重県遊協は5月24日、津市内で通常総会を開催し上程議案全てを可決承認した。

冒頭で挨拶した権田清理事長は参加人口の減少、検定機と性能が異なる可能性のある遊技機など、業界を取り巻く諸問題に言及したうえで「これまでにも業界には幾多の困難があったが、それを乗り越え大衆娯楽の地位を築いて来た。我々はパチンコ文化を大切にし、多くのファンに提供できる誇りと喜びを持ちたい。そのためには、組織の総力を挙げて危機に立ち向かい、逆風のなかでこそ一致団結して知恵を出し合うことが大事になる」と組合員の協力を訴えた。

行政からは三重県警警察本部生活安全部の前川善英次長が挨拶。小林正美部長の祝辞を代読するなかで、サミット開催に伴う入替自粛などの協力に感謝の意を示したほか、県内の犯罪情勢について言及。今年1月~4月末までに県内で発生した置引き154件のうち52件がパチンコ店内であることに触れ、防犯対策の強化を要請した。また、6月23日に施行される風営法の改正についても言及し、ぱちんこ営業が7号営業から4号営業になることに伴い「6月23日以降の申請書類等では4号営業と記載して欲しい」と注意を促した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日11月理事会全景

全日遊連 高射幸性機の設置比率に関する自主規制を一部変更

2018/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.