中古機流通協議会が「検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ機の取扱い」を通知

中古機流通協議会は1月27日、関係団体に向けて「検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機の取扱いについて」の通知文書を発出した。1月14日に行われた協議会における決定事項の連絡となる。
 
文書では、
①該当機種が明らかになった時点で、その機種が検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機である以上、中古移動及び認定申請に伴う保証書は作成できない。
②本件に伴いトラブルとなりそうなケースに関しては、その対応について事前に全商協と全日遊連とで協議する。
とされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

日遊協とDMMで総合健康保険組合の設立へ

2018/9/18

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年9月号

2018-9
主な記事:

浸水被害は12店舗、水没したホールは未だ営業再開できず
西日本豪雨 ホールにも甚大な被害

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年8月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.