中国遊商、平成27年の新年互礼会を開催

中国全景中国遊商は1月9日、広島市南区のホテルグランヴィア広島で平成27年の新年互礼会を開催し、組合員や来賓として招かれた各業界団体の幹部ら100人ほどが参列、新年を祝した。
 
冒頭、新年の挨拶を行った松原陽輔理事長は、減少傾向が続くパチンコ参加人口について言及。「今や1,000万人の大台も割り、このような厳しい情勢は今年も続くと予想される。その中で業界は、不正の排除、のめり込みの防止、新規ユーザーの開拓など、取り組むべき課題が山積しており、知恵を出し合っていかないとならない。一方、組合の主要事業である中古機遊技機流通事業においては、遊技機取扱主任者に対する指導、教育、実務研修内容の充実、強化を図り、さらなる健全化に向けた施策に取り組む」と述べ、業界全体を取り巻く危機意識の共有と、中古機流通の適正な運用に対する協力を呼びかけた。
 
また来賓挨拶を行った広島県遊協の池田仁志理事長は、パチスロの規制問題について、「今後厳しくなることが予想できるが、ホールにとっては大変な打撃」と懸念を表したほか、ECO遊技機についても触れ、「色々取り沙汰されているが、全日遊連は決して不賛成ではない。ECO遊技機の趣旨に基づいた開発を行って貰いたいということ。厳しい状況下での諸経費アップはホール営業に暗雲を漂わせかねない」との考えを示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.