九遊商、組合による決済代行システムをスタート

九遊商総会2016九州遊商は6月1日、福岡市内のホテルオークラ福岡で通常総会を開催した。冒頭に挨拶した山本龍彦理事長は、伊勢志摩サミットに伴って行われた遊技機の入替自粛に関して「5月の売上げがゼロというところもあり、6月、7月とボディブローのように効いてくる。今後こういうことがないように、さまざまな方面とお話ししつつ、商権の拡充に努めていきたい」と語った。また、撤去回収問題の最新情報を報告し、「いつ発表されてもいいように準備をしたい。年内にはいろんな形で業界は動いていくだろうが、理事や組合員の声を伝えていきたいと思っている」として、組合活動への協力を要請した。

議案審議では、上程された6議案をすべて可決承認した。事業報告では、中古遊技機の取扱台数が前年比13%減の15万1582台、取扱件数も同2%減の7万9370件だったことを報告したほか、詐欺事件が発生するなどしている遊技機売買時のトラブルを減らす取り組みとして、組合が主体となった決済代行の仕組みを今年度から立ち上げたことも紹介された。

来賓には、福岡県警察本部生活安全部生活保安課の猿渡智行課長、九遊連の岩下博明会長、日遊協九州支部の福山裕治支部長など多くの関係者が臨席した。祝辞を述べた猿渡課長は、警察業務への協力や様々な社会貢献活動に感謝の意を表すとともに、遊技機の不正改造の根絶や射幸性の抑制、遵法営業の取り組みを要請するなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

日遊協とDMMで総合健康保険組合の設立へ

2018/9/18

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年9月号

2018-9
主な記事:

浸水被害は12店舗、水没したホールは未だ営業再開できず
西日本豪雨 ホールにも甚大な被害

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年8月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.