九遊連青年部総会2016九州地区遊技業組合連合会青年部会は6月8日、鹿児島市内の城山観光ホテルで定時総会を開催した。総会前には、有志による義援金が熊本県遊協青年部会に送られ、有志を代表して大阪府遊連青年部会の段周精部会長から熊本県遊協青年部会の藤井俊博部会長に手渡された。

総会冒頭に挨拶した藤井部会長(熊本県)は熊本地震の現状を述べ、「二重三重の懸案事項が山積し、先行き不透明な状況になっている現状を打開するためにも、これまで以上の団結と行動をもって進んでいかなければならない」と部会員の協力と一致団結を求めた。来賓として臨席した九遊連の岩下博明会長は、九州各県の青年部会による積極的な諸活動を評価したのち、「遊技業界は二十年に一度という厳しい時代を迎え、全日遊連の役員もいろいろと取り組んでいるが、なかなか進まない」と実情を説明し、理解を求めた。そのうえで、「全国の遊技業界を背負って立つという気持ちをもって頑張っていただくことで、道は拓ける」として、青年部会員に期待を寄せた。

議案審議では上程された議案をすべて可決承認。任期満了に伴う役員改選では、西川雄一部会長(鹿児島県)を新任。西川部会長は就任の挨拶で、「各種情報の精査共有、意見の集約と九遊連への進言、各県の連携並びに支援を柱にやっていきたい」と抱負を述べた。また総会終了後には、元Jリーガーの前園真聖氏による「成功・挫折・復活の方程式」と題した講演会が開催された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.