京遊協、昨年に引き続き景品持ち帰り推進運動をスタート

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a1京都府遊協は昨年に引き続き、12月17日から組合加盟180店舗が参加する「景品持ち帰り推進運動」をスタートさせた。期間は1月22日までの5週間。偏りのない賞品の持ち帰りを促進することが目的だ。店舗では賞品を手に取りやすいようなディスプレイを施したほか、のぼりを設置するなどして店舗を訪れる来店客に告知を行っている。

同組合では、「お客様に手軽で安く遊技を楽しんでいただき、遊技の結果、賞品を選ぶ楽しみも提供できるよう、長年業界として賞品取り揃えの充実に取り組んできた。しかし、お客様が偏ることなく賞品の持ち帰りを促進するためには、お客様に関心をもっていただくためのさらなる取り組みが必要」との考えから、クリスマスやお正月など季節感のある賞品が出やすい年末から年始にかけてオリジナル賞品を制作。京都府遊技業景品納入業者会(遊景会)の協力で、中身が見えるお菓子セットとおつまみセットの2種類(1袋1,000円)を用意した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年1月号

主な記事:

店舗の減少傾向に歯止めかからず寡占化や遊技人口の減少で「駅前1店舗」のエリアも
首都圏主要エリアの店舗推移

MIRAIが第1回経営勉強会
持続可能な産業をテーマに討論会

遊技通信創刊70周年記念対談・
株式会社オオキ建築事務所 大木啓幹社長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.