京都府遊協、景品持ち帰り推進運動を実施

業界誌 景品持ち帰り推進運動について27-12-15写真京都府遊協は12月12日、昨年に引き続き、「景品持ち帰り推進運動」をスタートした。偏りのない賞品の持ち帰りを促進することが目的で、期間は1月11日までの約1カ月間。組合加盟185店舗が参加している。

同組合では、「遊技客に賞品を選ぶ楽しみを味わってもらうためには、より充実した品揃えが必要」との考えから、クリスマスやお正月といった季節感のある賞品が出やすいこの時期にあわせて、オリジナル賞品を制作。京都府遊技業景品納入業者会(遊景会)の協力で、中身が見えるお菓子セットと、おつまみセットの2種類(各1,000円)を用意した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

10月のホール企業採用熱、過去5年の同月比で一番高い数値に

2019/11/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.