京都府遊協と青年部会が献血奉仕活動

OLYMPUS DIGITAL CAMERA京都府遊技業協同組合および同青年部会は3月16日、京都市内の四条大宮ロータリーで献血奉仕を行った。

この活動は昨年、京遊協が組合設立50周年を記念して京都府赤十字血液センターへ献血バス(球都号)を寄贈したのをきっかけに、組合および青年部会が社会貢献活動の一環として企画したもので今回が初めての取り組み。

当日は、組合オリジナルのスタジャンを着た青年部会員がティッシュやボールペンを配布しながら、多くの通行人へ献血協力を呼びかけた。会場中央に2台の献血車両が駐車して行われた採血に、組合ホールの従業員をはじめ、来店客、通行人など50名以上が協力した。
 
今回の取り組みについて白川鐘一理事長は「社会貢献活動は継続していくことが大事。今後は、青年部会が中心となって永続的に実施してもらいたい」とあいさつ。白川智久青年部会長も「年に一回だが、この活動を地域に根付くようにしていきたい。今後は業界以外の一般市民の方にも広く呼びかけていくため、京都駅前での実施も考えている」と話した。会場には関西遊商や回胴遊商、日遊協近畿支部の関係者らも訪れ、京遊協の取り組みを後方支援した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

高射幸性機の自主規制問題で混乱 全日遊連が情報管理の徹底を要請

2019/10/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年10月号

2019-10
主な記事:

入替対象は年末までにおよそ20万台、6号機市場移行への試金石に
確実視される売上の減少 旧規則パチスロ機の撤去本格化へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.