京都府遊協総会、創立50周年式典で献血バス「球都号」を寄贈

京都府遊技業協同組合は5月29日、京都市中京区のANAクラウンプラザホテル京都で第50期通常総会を開催し、ファン人口拡大施策の推進を盛り込んだ事業計画など、上程された5つの議案全てを可決、承認した。

また総会後には、大阪商業大学アミューズメント産業研究所研究員の藤本光太郎研究員による「カジノ法案とパチンコ営業との諸問題について」と題した講演が行われたほか、組合創立50周年の記念式典では、京都府赤十字血液センターに献血バス「球都号」を寄贈。それに対し、日本赤十字社から京遊協に金色有功賞が授与された。

式典の冒頭に白川理事長は、「大きな節目を迎え、理事長として大きな喜び。昭和39年に総親和の精神で組合が結成されて以来、協力して歩んできた。我々は先人たちが残してくれた様々な功績を汚さない様に、法律を愚直なまでに遵守し、次の時代に向けて前進しなければならない」と意気込みを表した。

一方、来賓挨拶を行った京都府警生活安全部の蓑田一広部長は、日頃の各種防犯活動に対する協力に謝意を示しながら、「業界は厳しいと聞いているが、憩いと安らぎを与える娯楽として、順法精神のもと邁進することを切に希望する」と語るなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

21世紀会決議の違反行為に中古確認証紙の発給留保と通報・確認システム

2020/10/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.