京都府遊協青年部会が総会、白川部会長の続投を決議

新執行部の(左から)白川部会長、松本副部会長、中山副部会長、杉本副部会長

新執行部の(左から)白川部会長、松本副部会長、中山副部会長、杉本副部会長

京都府遊協青年部会は4月21日、京都市上京区の京都ブライトンホテルで第40回定期総会を開催し、白川智久部会長の続投を決めた。白川部会長は2期目となる。

事業計画には、視覚障害者オープンゴルフ京都大会の協賛や、チャリティゴルフ大会、献血活動協力といった社会貢献活動を今年度も継続することや、健全営業を推進するための調査研究会の開催などを盛り込んだ。

当日は、京都府警生活安全企画課許可等事務審査室の河野靖之室長補佐をはじめ多数の来賓が臨席。挨拶した河野室長補佐は、遊技機流通に関わる適正な手続き履行の徹底と、広告宣伝の健全化を改めて要請した。

続いて登壇した京都府遊協の白川鐘一理事長は、5月1日から組合の自主規制として実施されるライターイベントの禁止施策について触れ、「自由でいいのではという声もあったが、自由の中にも制限がある。射幸心を煽り、裏をかくような宣伝はダメだということ」と述べ、遵法営業を呼びかけた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

ホール企業の9割超が増収果たせず 帝国データバンク調べ

2018/12/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.