伊坂会長、西日本豪雨被害の店舗支援を呼びかける

退任者記念撮影全関東連は7月12日、長野県の軽井沢プリンスホテルウエストで、第30回定時総会を開催し、すべての議案を原案通り可決承認した。

総会の挨拶で伊坂重憲会長(神奈川)は西日本を襲った「平成30年7月豪雨」の被災者にお見舞いの言葉を述べると同時に、「今回の災害によって廃業を余儀なくされるホールを少しでも救済したい」と語り、義援金や中古遊技機、設備機器など被災店舗に対しての幅広い支援を組合員に呼びかけた。また、伊坂会長は今国会中に成立する見通しにあるIR実施法案が、業界に及ぼす影響を幾つか示しながら「ファン確保に向けてホール、メーカーが一体となって業界の閉塞感を打開し、本年をパチンコの『復活元年』にしたい」と、業界の一致団結を訴えた。田中幸也副会長(千葉)、山田茂則副会長(埼玉)を議長団に選出して行われた議案審議では、上程3議案をすべて拍手によって承認。事業計画では依存問題への対応やファン回復・拡大など5つの基本方針が示された。総会修了後の懇親会では、長野県警察本部生活安全部首席参事官の降旗大造企画課長をはじめ、多くの来賓者が臨席。この中で降旗企画課長は、業界全体で依存対策問題に対する新たな認識を共有し、各種組合活動に取り組んで欲しい、と呼びかけた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

ゴトイメージ

日電協がパチスロの不正改造ゴト被害を集計、約6年半の被害総額は推計280億円に

2019/2/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年2月号

2019-2
主な記事:

ギャンブル依存の文脈に沿って高まる批判 社会の目を意識せざるを得ない情勢に
取材系イベントへの規制強化が問うホール広告に対する新たな倫理観

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年1月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.