会員企業の広報担当者集めフォーラム

広報フォーラム日遊協の広報調査委員会は2月21日、都内八丁堀のアットビジネスセンターで会員企業の広報担当者を対象にしたフォーラムを開催した。
 
第1回目となる今回は、ポーラ化粧品本舗や劇団四季の広報に携わったほか、公益財団法人JKA(競輪)の参与などを歴任した浅利演出事務所の飛田紀久子氏が講演。飛田氏は組織と社会との中間に位置し、その組織のイメージアップに向けた社内、社外の環境作りを行う広報の重要性を強調したほか、すぐに結果と結びつかない仕事であることから、経営者の理解が必要なポジションであることなどを語った。
 
講演後には参加者が7つのグループに分かれて、企業のイメージアップとそれに向けたプランディング、CSR活動の広報のあり方、SNSの活用方法などをテーマにディスカッションを開催。普段は横のつながりを持たない広報部門の担当者にとって、他社の考え方や実践例を学ぶ機会となった。
 
今回のフォーラムは、集客や販売に直接結びつく「広告」とは異なり、「広報」は企業価値を高める上で今後さらに必要性が高まるとして企画したもの。日遊協の広報調査委員会を担当する韓裕副会長は挨拶で、「広報の目的や役割は多岐に渡るが、まずは担当者同士のネットワーク作りや学びの場を設けてはどうかと企画した。第1回目の今回は試行錯誤の中で検討を重ねてきたものだが、参加者にとって価値のある時間になることを願っている」と述べるなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年6月号

主な記事:

新規則機への移行に向けた「最後の猶予措置」
旧規則機取扱いの21世紀会決議を改定 厳しい市場環境受け設置期限を延長

「遊技通信」1500号記念 通刊第15号(昭和27年2月25日号)再録

日本有数のビジネス街と観光地「新橋」「銀座・有楽町」「浅草」の変遷

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
オーイズミ 大泉政治代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.