会員企業の未撤去はなし 同友会東野代表理事が報告

OLYMPUS DIGITAL CAMERA同友会は9月21日、都内台東区のオーラムにおいて、9月定時理事会を開催し、日工組が提示していた第一次、第二次リスト記載の機種について、会員全ホールが8月末までに撤去したと報告した。同友会は8月24日の定例理事会で、回収撤去の対象機種が9月1日の時点で設置されていた場合、加盟企業の会員資格を停止することを決議していた。
 
理事会終了後の記者会見で、一連の回収撤去問題の説明を行った東野昌一代表理事は「最終的な判断は全機連の集計結果が出てからになるが、事務局で調べた限りでは会員ホールで設置している店舗はなかった」と報告した。その上で、同友会がペナルティを設定した経緯について「自分たちで襟を正すということを考えると会独自のペナルティは必要だろう、ということで他団体に先んじて8月理事会で急遽決議させてもらった。停止期間などペナルティの中身は決めていない。というのも、最初から違反者がでるという前提で決議した訳ではなかったからだ。今後も『資格停止』だけで充分だろうと判断している」と述べ、第三次リストの機種についても会員企業が達成できるよう周知徹底していく考えを改めて示した。また、今後の展望について東野代表理事は、回収撤去の協議が長引くことは業界のためにはならない、としながら「来月からは7団体の連絡会議も日電協と回胴遊商が加わり9団体になる。10月を目途に業界で明確な指針を打ち出し、次のステージに進むことが大事だ」と、回収撤去問題の早期解決と市場回復に向けた政策の必要性を語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連 高射幸性回胴式遊技機の設置比率を再設定

2019/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.