余暇進、消費増税に伴う転嫁手法を考察

余暇環境整備推進協議会は7月8日、都内千代田区の在日本YMCAアジア青少年センターで、7月度部会を開催し、消費増税を受けたホールの対応状況や、今後の見通しなどをテーマにした講演を行った。

講師を務めたのは、グローリーナスカ、マースエンジニアリング、サン電子、JCMシステムズの4社。それぞれの担当者が、これまで集積したデータに基づき、各ケースごとの現状と、今後の傾向について解説した。

そのうち、グローリーナスカ執行役員の宮崎昌彦営業統括部長は、消費増税に至るまでに発せられた警察庁の各種通達や規則改正、さらには等価交換に対する正しい認識などを改めて説明。その後、消費税の外税転嫁を行った際の、玉(メダル)数調整方式と、金額調整方式についてのメリットおよびデメリットを披瀝した。

同社によれば、6月末時点で300店舗以上が外税転嫁を実施しており、そのほとんどが玉数調整方式を採用。地域別では、東京が最も多く、次いで神奈川、千葉、埼玉と、首都圏に採用店舗が集中しているという。中でも、パチスロの47枚貸し営業は、「使う金額には頓着しないが、交換枚数にシビアな若年層の集客効果が見られる」とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.